2500cost

【EXVSMBON】キュベレイのキャラ解説|立ち回り・各種武装解説【RYU】

キュベレイの長所・短所

キュベレイの長所

  • 豊富な降りテク
  • 格闘の範囲や火力
  • ファンネルによるロングレンジ攻撃
  • アシストによる着地保護

キュベレイの短所

  • 弾が枯渇しやすい
  • サイズによる当たり判定の広さ
  • 上から撃たれる弾に弱い

キュベレイの得意キャラ・苦手キャラ

キュベレイの得意キャラ

  • exーsガンダム
  • ガンダムサバーニャ
  • ガンダムハルート
  • ZZガンダム
  • ガンダムデュナメス

キュベレイの苦手キャラ

  • ホットスクランブルガンダム
  • ガンダムAGEー2 ダークハウンド
  • ブルーディスティニー

キュベレイの立ち回り

基本的に遠距離からファンネルを狙うキャラです。

サブを2回出した後に特射でダウンを取るか、サブと格闘CSを一緒に撒き、サブでよろけを、格闘CSでダウンを取る立ち回りが基本となります。

中距離ではメイン→サブ→メインのループ行動により弾幕をはり、ブーストを使わせたところでファンネルでダウンを狙います。

また、メイン→特殊格闘→メインのキャンセルルートにより、相手を捕縛して放置するのも強いです。

近距離では、特殊格闘によるアシストで相手を掴む自衛、プレッシャーによる自衛、格闘を振り返す自衛、距離をとってメイン→サブの降りテクでブースト有利を作る自衛が有効です。

攻める場合は、メイン→サブ→メインの弾幕で相手に詰め寄ったり、特殊格闘のハンマハンマを付けた状態でBD格闘、横格闘、変形格闘を振りに行くのが主となります。

射撃武装

【メイン射撃】ビーム・ガン

威力80でありながら、メイン→サブ→メインのキャンセルをしてもキャンセル補正がつかないので、とても優秀です。

ただ、ばら撒きすぎると弾が枯渇するので注意が必要です。

【射撃CS】ビーム・ガン【両手撃ち】

ビームを2発撃ち、両方ヒットで威力120のビームを撃つ。コンボの締めに使ったり、弾速の速さを活かして中距離での着地取りにも使える。

また、メインが枯渇した際に使うことがある。

【格闘CS】ファンネル【一斉射出】

マルチロックに対応しており、一体に撃つとファンネルが8基、マルチロックだと4基ずつ飛んでいく。

この格闘CS自体はそのまま撃っても相手には当たりづらく、よろけも取れないので、サブを当てたあとの追撃か格闘CS→サブや格闘CS→メインの降りテクとして使う

【サブ射撃】ファンネル 【設置】/【射出】

キュベレイの主力武装であり、当て方は色々とある。

相手の足を止める武装に、着地に、着地後のステップやブーストに、上昇に合わせて、などなど。

遠距離ではサブを2セット当ててダメージを取ったり、格闘CSで追撃をすることでダメージを出せるが、中距離ではサブのよろけをメインで追撃したり、近距離ではサブのよろけを格闘で追撃することでダメージを高めたり弾の消費ができる。

【特殊射撃】ファンネル【射撃】

これによりファンネルの射出を行う。

硬直が短いため、ガードの前のタイミング合わせに使うこともある。

また、ステップから特殊射撃を行うと滑り、地上で使っても空中に浮かないので、地面でステップ→特殊射撃をすることでブーストを使わずに相手の攻撃を避けることが出来る。

【特殊格闘】ハンマ・ハンマ&R・ジャジャ 呼出

キュベレイが自衛する際に1番利用する武装。

小ネタではあるが、R・ジャジャには発生保証が付いているので、特殊格闘→射撃CSや、特殊格闘を押した瞬間に相手から攻撃を食らうことで、R・ジャジャだけ出し武装の弾数を消費しないことができる。

  • ハンマ・ハンマ

目の前に合計150の耐久力をもったハンマ・ハンマを召喚する。

これは常にキュベレイがロックをしている方向に向くので、メイン→サブなどのキャンセルをしている際や、格闘をしている途中にもロックを変えて、別の相手からの弾を防げる。

正面や横方向には範囲が広いが、上下の判定が意外と狭いため、高低差を付けながら弾を撃たれると機能しない。

また、メイン射撃や格闘の攻撃判定が出たら横にズレるので、注意しておく必要がある。

ハンマ・ハンマを付けて格闘を振りに行く動きが非常に強い。突進距離の長いBD格闘や、変形格闘がオススメ。

  • R・ジャジャ

キュベレイの最強武装の1つ。

このR・ジャジャを上手く使うことで、立ち回りの幅が広がる。

R・ジャジャは他の機体のアシストと異なり、特殊格闘を押した瞬間に突っ込まず、時間差で相手に突進していく。

また、突進するのは特殊格闘を押した時にロックしていた敵ではなく、突進するタイミングでロックしていた敵である。

これを利用して、不意打ちで格闘を降ってきた相手に突進させたり、セルフカットを行える。

射角は無く、一定範囲であれば真上や真下にも突進していくのも魅力。

コンボに組み込むことで相手を長時間拘束できるので、その為に利用するのも可。

また、この武装は非常に補正が良く、ダメージが伸びやすい。

しかし誤射判定があるので、相方を掴むことがないように注意。

【後格闘】プレッシャー

試合開始時から既に溜まっており、尚且つ覚醒でリロードされる。

メインからキャンセルすることも可能なので、いつでも気軽に使える自衛手段になっている。

格闘

【通常格闘】ビーム・サーベル

コンボパーツとして使う。

そこそこの火力を出しながら、早めにコンボを終わらせられる。

  • 【通常/前/横格闘後派生】斬り上げ

少し打ち上げる派生。

相手にカットされそうな場合、射撃派生を行わずにここで終わらせる。

  • 【格闘後派生射撃派生】ファンネル追撃

相手をファンネルにより真上に打ち上げる。

基本的に打ち上げて時間を稼ぎ、片追い状況や逃げるために使うが、透かしコンを行うことで火力を出すことが出来る。

【前格闘】突き→3連突き→斬り下ろし

コンボパーツとしてよく使われる。

火力が非常に高く、カットされなさそうな時に使うのが良い。

【横格闘】横薙ぎ→回転斬り

発生と範囲、回り込みが良い。

コンボの始動や自衛する際の振り返しによく使う。

【BD格闘】回転斬り抜け

発生と範囲が非常に良く、コンボの始動によく使われる。

回り込むことは無いので、ハンマ・ハンマをつけている時に差し込みで利用したり、攻める展開の時によく利用する。

【変形格闘】クロス斬り

キュベレイは変形時にステップすることができ、それを利用して相手との距離を調整して振りに行く。

相手の進行方向を予想して変形をし、変形格闘を振ることが多い。

判定も範囲も優秀なので、変形するだけで相手は変形格闘を意識する必要があり、威圧することが可能。

これにより相方と合流させないようにすることができる。

【バーストアタック】キュベレイ乱舞

一般的な乱舞格闘。

最後のファンネル一斉掃射では、射撃ボタンを連打することで、ファンネルのビームを増やすことが可能。

キュベレイのよく使うコンボ

自由なメモ

  • 横格闘初段→横格闘後派生射撃派生 207ダメージ
  • BD格闘初段→前格闘出し切り→射撃CS 270ダメージ
  • 横格闘初段→N格闘出し切り→射撃CS 249ダメージ
  • 横格闘初段→横格闘後派生→特殊格闘 198ダメージ

覚醒考察

ココがポイント

  • E覚醒が安定
  • 弾数が全て回復するので、弾が枯渇しやすいキュベレイは恩恵が大きい
  • 覚醒抜けした後に高いダメージを取るコンボも、時間を稼ぐ放置コンボもしやすい

総括

操作は独特ですが、慣れてしまえば攻めたり射撃戦するのは非常に簡単なキャラです。

むしろ、自衛に関しては常に課題となります。

取れる選択肢が多彩なのが魅力の機体なので、相手の機体に合わせた動きをしましょう。

  • この記事を書いた人
RYU

RYU

VSシリーズ歴は14年程で、ガンダムvsガンダムからやっています。マキオンではPDF出場しました。自分が書いた記事が、誰かの助けになったら嬉しいです。

-2500cost

Copyright© マキシブーストオン攻略 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.